FREEDOM GUNDAM

Original Edition "Schwalbe"





オリジナルカラーで塗装する、を唯一の目標に(笑)なんと5ヶ月以上もかけて完成しました。自身初のMGスケールで、ここまで手間が掛かるとは思ってなくて、正直まだ早かったかも・・・

カラーチェンジは、ただ闇雲に配色したわけじゃありません。「主人公機らしさ」を出すために、紫っぽくないブルーと、単調にならないようレッドをアクセントとして強めるようにしました。俗に言う「トリコロールカラー」はちょっと似合わないかな〜と思って黄色はアンテナのみです。

ちなみに、作品の別ネームは「Schwalbe(シュヴァルベ)」です。
前作ってた小説用の設定だったんですが、大したオラガンでもないのに専用名などつけて良いものか・・・と恐れて表向きには「フリーダムガンダム」なんですが・・・。











頭部・・・▽
顎およびフェイス下部、ヘルメット頬部分の下部を急角度になるよう削り小型化
アンテナのシャープ化
目を新規製作し直し、鋭い目つきに

胴体・・・▽
ダクトを出来る限り薄めに
内部と外部両方のあばら辺りを切断し、2mm短縮

肩・・・▽
上面にモールド追加
青部分と白部分の境をわざと広げ、凹モールドに
裏面に合わせ目が見えるので、エバーグリーン製スリット入りプラ板を加工し貼り付け(右図)

腕部・・・▽
肩と同じようなモールド追加























腰部・・・▽
股間アーマー2mm延長
フロントアーマーを裏打ちし、デティール追加(プラ板の上に薄長プラ材で作成)
リアアーマー用にデティール入りパーツを制作し、塗装後に接着

脚部・・・▽
脛アーマーは2パーツ構成と考え、内部はフレームとしてデティール追加
シリンダーにラピーテープを巻き、金属的質感をアップ
内部フレームを足首の上辺りから切断し、4mm程度延長




後部・・・▽
メインスラスターをくりぬき、内部に市販バーニアを置き、フィンを追加
バラエーナのバレル側面センサーをオーロラフィルムで装飾
オーロラフィルムはこのほか頭部のセンサー部、ライフルのスコープにも使用
唯一デカール「DIECH」を羽に貼り、マーキングシールもバラエーナのみ




シールド・・・▽
無改造

ライフル・・・▽
マズル内部に細長ビーズを仕込み、光が当たると煌く
センサーは先述の通り、オーロラフィルムを使用


塗装・・・▽
表面処理→サフチェック(1000)→フィニッシャーズ・ピュアホワイト(明色箇所にだけ)を終えた後に本塗装
(フィニッシャーズ社→F クレオス社→C)

青・・・F・ラベンダー

赤・・・F・リッチレッド+F・ピュアホワイト+C・蛍光ピンク極少量

黄・・・C・イエロー等

薄いグレー・・・C・ニュートラルグレー

レール砲グレー・・・上のグレー+青+C・ブラック

濃いグレー・・・数種類あるため不明


タミヤ・エナメルカラーで墨入れ後、スーパークリアー(つや消し)でコート









説明から分かるとおり、大した改造はしてません。
延長とかもいまいち効果が分からない・・・(おいっ)
後になって気付きましたが、頭部バルカン塗り忘れてます(死)など、後になってから後悔したり、未熟だなと感じる部分もありますが、まだ2作目ですしね。「経験に勝る知識なし」、これから自分独自のスタイルについて研究せねば!
ブラウザでお戻りください。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO